負荷試験

先日、ヤクルトの負荷試験をしてきました。

10倍希釈のヤクルトを0.5ml~始めて、20分毎に即時型の反応がでるまで行うというもの。

乳製品の入ったアイスを誤食してアナフィラキシーを起こした経験があったので、ドキドキでした。

負荷試験前から、気分的なものでしょうか。お腹が少し痛いとかのどがイガイガするとか言っていましたが午前中は何事もなくすんなり終わりました。

今回は、一緒に負荷試験をするお友達がいたので親も子供も退屈することはありませんでした。

待ち時間は、色紙したりお絵かきしたり本を読んだりおしゃべりをしていました。

午後からの負荷試験は、昼食後1時間してから行いました。

10倍希釈も終わり、原液1ml~徐々に増やしていき、3ml飲んだところで顔面が赤くなり頓服の服用と吸入をすることに・・・

お友達は牛乳での負荷試験でしたが、うちの子と同じタイミングで反応がでました。

2人ともしんどそうでとてもかわいそうでしたが、これも乳製品が食べれるようになるためだから頑張らなくては!

時間がたつにつれ症状も落ち着き、お友達もしんどかっただろうに、うちの子に「だいじょうぶ?早く良くなってね」と声をかけてくれました。うちの子は、紙飛行機に返事を書いて向かいのお友達のベッドに飛ばしていました。なんと微笑ましい2人のやりとりに癒されました

夕食後は頑張ったご褒美にちょっとしたおやつパーティをしました
DCIM1125.jpg

食べているところ、先生の回診があってちょっと焦っちゃいましたが・・・

今回お友達になったママとはいろんな話をしてアレルギー情報の交換をしたりしました。

そして、ハイチュウminiは乳製品が入っていないよと教えてもらいました。
DCIM1126.jpg

うちの子は喜んで食べていました

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2018/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

愛ある会

Author:愛ある会
はじめまして!愛ある会です。

アトピー性皮膚炎の原因が、いつも摂っている食べ物だと言われ、食べ物を制限するようになったとき、これから何を食べればいいのかと途方に暮れてしまいます。
こんなに食事制限をしていて、成長してくれるのだろうか?家族の食事はどうしたら良いのだろうか?幼稚園や学校の給食は食べれるのか?一体いつになったら何でも食べれるようになるのか?など心配は尽きません。
そんな不安や悩みを持つアレルギー児の親たちが中心となって「愛媛アレルギーと食べ物を考える会」を運営しています。
アレルギーの子ども達が早く治るように、みんなで情報交換をしたり、各種行事で交流を深めています。

どうぞ宜しくお願いします!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR